開発体制

エアフィルタ性能評価設備

計数法測定機

●計数法測定機

JIS B 9908形式1(計数法)の規格に準拠した測定機で、フィルタの初期圧力損失・粒子捕集率の測定が出来ます。
粒子捕集率の測定は、多分散DOPエアロゾルを使用し、0.1μm以上の粒径を8区分に分け、各粒径区分について捕集効率が測定できます。
ULPA・HEPAフィルタから中高性能フィルタまで、測定可能です。

比色法(質量法)測定機

●比色法(質量法)測定機

JIS B 9908形式2(比色法)の試験規格に準拠した測定機で、中高性能フィルタの粒子捕集率・圧力損失及び粉塵保持容量試験ができます。
粒子捕集率試験では、JIS Z 8901に規定された試験用粉黛1の11種を用い、フィルタ上下流の粉黛の濃度から捕集率を算出します。
粉塵保持容量試験は、JIS Z 8901に規定された試験用粉黛1の15種を使用し、フィルタの最終圧力損失まで粉塵を付加し、耐久性能の測定ができます。

重量法測定機

●重量法測定機

JIS B 9908形式3(重量法)に準拠した測定機で、粗塵フィルタの粒子捕集率・圧力損失及び粉塵保持容量試験ができます。
粒子捕集率及び粉塵保持容量試験共に、JIS Z 8901に規定された試験用粉黛1の15種を使用し測定します。
粒子捕集率は、粉塵供給量と供試フィルタの下流側に設置する通過粉塵捕集フィルタの質量より算出します。
粉塵保持容量試験は、フィルタの最終圧力損失まで粉塵を付加し、耐久性能の測定ができます。

(社)日本電気工業会規格 JEM1467

●(社)日本電気工業会規格 JEM1467

(社)日本電機工業会の規格(JEM1467)に適合した評価設備で、家庭用空気清浄機の集塵性能並びに脱臭性能を評価測定を行います。
タバコを実際に燃やして煙が充満した室内にて、空気清浄機を運転させることにより

  • 煙の粒子数の減衰をみる集塵性能
  • 煙の臭いの濃度の減衰をみる脱臭性能
    その他、圧力損失測定機による、空気清浄機の獲得風量を測定できます。
リークスキャンテスト装置

●リークスキャンテスト装置

HEPAフィルタ、ULPAフィルタ等の高性能フィルタは、製造後、定格の捕集効率を満足しているか、またフィルタに漏洩の無いことを確認するためにスキャンテストを行います。

クリーンルーム

●クリーンルーム

一方向流の給排気システムを採用したクラス10,000のクリーンルームです。

ページの先頭へ